デートコースEP​:​We are​(​not) a couple

by Theムッシュビ♂ト

/
1.
2.
3.
4.
5.
6.

about

デートコースEP: We are(not) a couple

1.あおなみ線、金城ふ頭行き
2.アーバンメロウ
3.瞬く夏(YODOGAWA Ver.)

4.あおなみ線、回送
5.ソニックウェーヴ(yzox Remix)
音声特典.彼氏のマストアイテム予告編


1.あおなみ線、金城ふ頭行き
作詞作曲/松永剛寛(Theムッシュビ♂ト)・編曲/nemoasakura
Vocal.松永剛寛
Guitar&Bass.Chorus.Programming. nemoasakura(Heaven's Show Case)
Mix&Mastering.パノピカ・エイジ(ミンカ・パノピカ)

2.アーバンメロウ
作詞作曲編曲/松永剛寛
Vocal&Programming.松永剛寛
Mix&Mastering.松永剛寛

3.瞬く夏(YODOGAWA Ver.)
作詞作曲編曲/松永剛寛
Vocal&Programming.松永剛寛
Mix&Mastering.松永剛寛

4.あおなみ線、回送
Vocal&Piano.松永剛寛

5.ソニックウェーヴ(YZOX Remix)
作詞作曲/松永剛寛・Remix/YZOX

音声特典.彼氏のマストアイテム予告編
脚本・作編曲/松永剛寛
Voice.古賀ゆうと(nezire_in-culture_out/ミンカ・パノピカ)
Programming.松永剛寛




Theムッシュビ♂ト
monsiurbeat.jimdo.com
soundcloud.com/monsiurbeat
twitter.com/monsiurbeat

前作「フライングEP: We can(not) fly」from 迷われレコード
mayoware.seesaa.net/article/414009048.html

アルバム「彼氏のマストアイテム」from ポジティヴレコーズ
positiverecords.booth.pm/items/161041

nemo asakura
soundcloud.com/nemoasakura
nemoasakura.wix.com/nemoasakura
twitter.com/nemoasakura

nemo asakura プロデュース作品「唯川ユイ『haru no yuki EP』」from 迷われレコード
mayoware.seesaa.net/article/432879290.html

パノピカ・エイジ
panopica.com
twitter.com/panopica_eiji

中川一
dots-and-loops.jimdo.com
twitter.com/dots_and_loops

credits

released March 11, 2016

OMOIDE 109 Theムッシュビ♂ト デートコースEP:We are(not) a couple
Produced by Theムッシュビ♂ト
Artwork by 中川一
Released by OMOIDE LABEL
Catalogue Number : OMOIDE 109

tags

license

all rights reserved

about

OMOIDE LABEL Japan

Netlabel in Japan

contact / help

Contact OMOIDE LABEL

Streaming and
Download help

Redeem code

Track Name: あおなみ線、金城ふ頭行き
あおなみ線

Hello, Shining Days




海へと向かう電車が
大きな橋の袂を潜る
少しの微睡みの中で
瞼の裏が赤いよ

Hello,Hello,Hello,Shining Days
君の顔は綻んでいたの?
Hello,Hello,So Sweet Scene
僕は少し怖がっていたね

輝き求めて来たのに
何でだろう
上手に笑えないや
ポケットの中
君への小さな言葉隠したまま

夏が少しだけ焦がした肌の色と
帽子から覗いた髪の色が
硝子の向こう側でぼやけて見えた

Hello,Hello,Hello,Shining Days
眩しすぎて夢の中のよう
Hello,Hello,So Sweet Scene
君は何を思っていたのかな

Hello,Hello,Hello,
Track Name: アーバンメロウ
アーバンメロウ

Urban Mellow



何てことのない秘密さ
君が履いてたスカートの柄も
何てことのない秘密さ
手を繋ぎたかったことも

都会はいつでも
メロディを探していた
都会はいつでも
2人を待っていた

何てことのない秘密さ
ほろ苦く思い出すだけ
何てことのない秘密さ
少し大人になっただけ

都会はいつでも
輝きに溢れていた
都会はいつでも
寂しさを飲み込んだ
都会はいつでも
憧れを掻き立てた
都会はいつでも
2人を待っていた

ウィンドウ・ストリート・ラインは
ハイウェイ
アクアリウム・アンド・ミュージアム・レイルウェイ
並木通り下る茫漠の空

グッバイ・セントラル・ステーション・ビルディング
グッバイ・青春の憧れ
ごめんね、困惑の地下鉄の駅
さよなら

なんてことのない秘密さ
Track Name: 瞬く夏(YODOGAWA Ver.)
瞬く夏

Explosions Echoed




今年も冷気だけを
求める季節に疲れていた
盛る世には無縁だから
逝き過ぎるのをそっと待っていた

そんな僕にもその時だけ見える花火
今年は少し嬉しい約束ができた

「一緒に見ようね」って
突然君が云った
「どうか雨よ降らないで!
その日は!」って思った


三十路も手前になると
取り巻く世界は数字ばかり
四季のある国に生まれたのに
感受性も放置された侭

そんな乾いた言葉に甘い蜜をくれるのは
ちょっとした優しい気持ちだったりするのだ


大きな花を
咲かせた夜空に
爆音が響いた
「一瞬でも夏だよ」

夢中で駆け出した
無邪気に笑い合った
愛しい現実に
全ての思考は停止した

季節が半周した
それでも僕は
あの瞬く夏を
糧に留まっている

哀しみは絶えないし
確かなものなんてない
だけど ここにも
美しいものは在る

so big flowers bloomed in the night sky
and explosions echoed
"it is your summer time"

even if now i die
i'll have no regret
i can say "my life is alright!"
because of that you were